05_メンバーを検索する

各メンバーが回答した内容を自由に検索することが可能です。検索の種類は「部署・所属から探す」「氏名から探す」「経歴データ全体から探す(フリーテキスト検索)」の3つがあります。

部署・所属から探す

特定の部署に所属するメンバーと回答内容を閲覧することができます。自チームの同僚の情報を閲覧してみたい時や、新しくコラボレーションする部署にどのようなメンバーがいるのか知りたい時に便利です。

【検索方法】

  1. 「部署・所属から探す」をクリックします。
  1. 「選択する」をクリックします。
  1. 対象の部署を選択してください。(複数選択可)
  2. 検索対象の部署に間違いがないことを確認したら「確認する」をクリックします。
  3. 選択された部署に所属しているユーザーが一覧表示されます。なお、検索をした直後の画面では、氏名、部署、役職、略歴のみが表示されます。
  1. 対象の部署が存在しない場合や、その部署で回答済みのユーザーがまだ居ない場合、以下のメッセージが表示されます。
  1. 「表示項目を増やす」をクリックすることで、現在リストアップされている全員の全ての回答を表示することができます。
  2. 「11-20件目を表示」をクリックすることで、次の10件のユーザーの回答に進むことができます。(検索結果が10件未満の場合、メニューが表示されません)
  3. 「検索結果を閉じる」をクリックすることで、現在表示されている全ての検索結果を閉じることができます。

氏名から探す

特定のユーザーの回答内容を閲覧することができます。

【検索方法】

  1. 「氏名から探す」をクリックします。
  1. 「選択する」をクリックした上で、対象のユーザーをクリックします。
  1. 対象のユーザーの回答が表示されます。なお、検索をした直後の画面では、氏名、部署、役職、略歴のみが表示されます。
  1. 「表示項目を増やす」をクリックすることで、現在リストアップされている全員の全ての回答を表示することができます。
  2. 「検索結果を閉じる」をクリックすることで、現在表示されている全ての検索結果を閉じることができます。

経歴データ全体から探す(フリーテキスト検索)

今相談したい内容や、求人条件など何でもフリーテキスト形式で教えてください!researcHR アプリが、文章を解析してあなたの要望に沿ったユーザーをリストアップします。文章の中から求めるスキル・経歴の情報を自動で抽出して、関連ワードを含めて探してくるので「セキュリティ詳しい人」みたいなざっくりとした調べ方でも、ユーザーを検索をすることができます。

【検索方法】

  1. 「経歴データ全体から探す」をクリックします。
  1. フリーテキスト形式で、探したい人の条件を入力してください。
  1. 対象のユーザーが表示されます。今回の例の場合「Webマーケティング」の担当者の他に、関連する職種である「インサイドセールス」の担当者もリストアップされていますなお、検索をした直後の画面では、氏名、部署、役職、略歴のみが表示されます。
  2. 条件にマッチするユーザーが居ない場合、以下のメッセージが表示されます。再度アプリを呼び出して、検索ワードを修正してください。
  1. 「表示項目を増やす」をクリックすることで、現在リストアップされている全員の全ての回答を表示することができます。
  2. 「11-20件目を表示」をクリックすることで、次の10件のユーザーの回答に進むことができます。(検索結果が10件未満の場合、メニューが表示されません)

「検索結果を閉じる」をクリックすることで、現在表示されている全ての検索結果を閉じることができます。

チームでresearcHRを使い始めましょう!

researcHRを使って「各々のメンバーが何をしているか」

「どのような経験を積んできたか」等の情報を全メンバーとSlack完結で共有しましょう。

  • 社員の経歴・スキル情報を自動で収集
  • 人事データを自動で整理
  • 「こういう人いない?」をあいまい検索