03_インタビューに回答する

ステップ2で管理者がインタビューを設定すると、対象者に対して researcHR アプリからDMが届きます。データ入力はSlack上で完結できるので、新しくパスワード設定を行ったり、システムにログインする必要は一切ありません!

  1. 「はい」をクリックすると、インタビューが開始されます。

注:「また今度」を選択すると、インタビューを停止します。回答を再開したい場合はDM画面から「インタビューを再開」をクリックしてください。

  1. インタビューが開始されると、researcHR アプリが一問ずつ質問を投げかけてきます。回答者が回答を考えやすいように、それぞれの質問ごとに回答例も表示されます。
  1. アプリが投げかけた質問に対して、通常のSlackでのやり取りのように、フリーテキスト形式でご回答ください。

注:略歴など比較的長い文章を回答する際には、改行時に誤って回答を送信しないようにご注意ください。
もし回答を途中送信してしまった場合は、一度最後まで回答を完了して頂いた上で「4.インタビュー結果を確認・編集する」の手順にて回答をご編集ください。

  1. 回答数が4問を超えると、継続して回答するかの確認画面が表示されます。続けて回答される場合は「はい」を、一旦中断される場合は「また今度」をクリックします。
  1. 規定の質問の回答を終えると、インタビュー完了メッセージが表示されます。

次の記事「自分のインタビュー結果を確認・編集する」へ進む →

チームでresearcHRを使い始めましょう!

researcHRを使って「各々のメンバーが何をしているか」

「どのような経験を積んできたか」等の情報を全メンバーとSlack完結で共有しましょう。

  • 社員の経歴・スキル情報を自動で収集
  • 人事データを自動で整理
  • 「こういう人いない?」をあいまい検索