主要iPaaS&ITILとHRサービスとの連携状況まとめ

最近のSaaSの乱立に伴い、SaaS同時をインテグレーションするiPaaSやワークフロー系のサービスも増えてきました。

HR領域でも主要なサービスが続々とAPI連携やワークフローへの対応を行っています。

今回は主要なiPaaS/ITILの主要プレイヤーの動きおよびHRサービスとの連携状況についても調べました。

iPaaSとITサービスマネジメントの主要プレイヤー

ガートナーの2019年iPaaS分野のマジック・クアドラントによれば、主要iPaaSプレイヤーはInformaticaを筆頭に、Boomi(2010年にDELLが買収)、Workato、Mulesoft(2018年にSalesforceが買収)と続きます。

iPaaSと親しい領域にITサービスマネジメントがありますが、こちらはServiceNowがリーダーのようです。

各社の販売&SIパートナー

各社とも販売やIntegrator Partnerとして主要なITコンサルや各国のSIerとパートナー契約を結んでおり、その顔ぶれは概ね同じ企業が並んでいます。

大手企業としてもDXの文脈でSaaS導入が進んでいますが、一つひとつを選定し連携させるよりも一つのサービスのみで完結した方がスムーズで、サービスを導入・統合するコンサル側も同様のメリットがあると考えられます。

Informaticaの日本パートナー

Boomiのパートナー

Workartのパートナー

Mulesoftのパートナー

ServiceNowのパートナー

各社のアプリ・コネクター

各社ともApp/connector/exchangeなど呼び方は様々ですが、SaaSとの連携を行っています。SaaSベンダー側はそれぞれのサービス向けにAPIもしくはアプリを開発し、それぞれのストア上で販売しています。

HR領域では、Workdayが多くのサービス上でフィーチャーされており、頭一つ抜けている印象です。次点でSAPでしょうか。

日本製のSaaSはほぼ見つかりませんでした。

informaticaのMarketplace

Boomiのサポートアプリケーション

WorkatoのApp Directory

なお、workatoはWorkbotというbotを提供しており、それを活用したSlack連携Teams連携を行っています。

MulesoftのAnypoint Exchange

ServiceNowのストア

ServiceNowもNow Virtual Agentというbotを提供しており、Slackとも連携しています。

日本国内のiPaaSおよびHRベンダーの動き

日本国内のiPaaSでは、B Dash Camp 2019 Fallの Pitch Arenaで優勝したAnyflowが有名でしょうか。

対応アプリケーションを見ると、多くの日本産SaaSと連携しており、HR領域ではSmartHR、Talentioと接続されています。また、上記で紹介したServiceNowとも連携しているようです。

国内のHRベンダーではSmartHR社が2018年にプラットフォーム構想を発表しており、「SmartHR Plus」のアプリ開発に注力するとしています。

アプリに関しては2018年の発表を最後に続報は特に出ていませんが、API連携は続々と増えているようです。

(こちらには記載がありませんが、ServiceNowにも対応しているとの情報が入ってきています)

同様に、2019年6月にカオナビ社が「コネクテッドパートナープログラム」として、各社とのAPI連携および販売パートナーシップを結んでいます。

どちらの会社もアプリベンダーとしてiPaaS等と連携するというよりは、自らがプラットフォームになろうという思想のようです。

チームでresearcHRを使い始めましょう!

researcHRを使って「各々のメンバーが何をしているか」

「どのような経験を積んできたか」等の情報を全メンバーとSlack完結で共有しましょう。

  • 社員の経歴・スキル情報を自動で収集
  • 人事データを自動で整理
  • 「こういう人いない?」をあいまい検索